今となっては格安航空券無しで国内旅行をするというのは少し違ってきているようなので、まだ格安航空券のことをよく知らないという人はこのサイトで是非勉強をしてみてください。

Archive for the ‘格安航空券について’ Category

さくらんぼの山形県に格安航空券で観光へ出かけることが一番のおすすめですよ!

2016-03-14

さくらんぼの生産地として全国的に有名な山形県。自然豊かな山形県は美味しい食べ物や温泉が多く、古くから観光地として人気を集めています。山形にはどんな観光スポットがあるのでしょうか?

■蔵山観光
山形県の蔵山には温泉やロープウェイなど様々な観光名所が用意されています。蔵山温泉がある駅と最寄駅を結ぶロープウェイは見晴らしがよく、高さ1000メートル以上の素晴らしい眺めを満喫できます。ロープウェイは一年を通して運行しており、冬場は有名なスキー場に変わります。

夏と冬の違った表情を楽しめるのも魅力になっています。ロープウェイを降りたら、蔵山温泉の宿場町になります。旅の疲れを蔵山温泉の温かい宿のおもてなしで癒したいですね。

■上杉神社
戦国武将として全国的に有名な「上杉謙信」を祭っている山形県にある神社です。大正12年に再建され、今の姿を保っています。神社には上杉謙信のエピソードや伝説を聞くこともでき、戦国武将が好きな人にはたまらない観光地となっています。上杉謙信が好きな人は一度は訪れたい歴史ある観光地ですね。

■徳良湖
山形の美しい自然を楽しむなら「徳良湖」に行ってみましょう。水深が約6メートルある徳良湖は多くの市民に活用され、1つの観光地となっています。地元に根付いたイベントが多数開催されているので、日程を合わせて徳良湖のユニークなイベントに参加したいですね。

■格安航空券の勧め
山形は美味しい食べ物があり、魅力的な観光スポットもあるオススメの観光名所です。そんな山形県には格安航空券を使った飛行機で行くのがオススメです。新幹線や車より快適な空の旅が味わえますし、普通の航空券に比べ、費用もリーズナブルです。

飛行機で山形県に行くときは、格安航空券で足を運んでみたいですね。

格安航空券で国内旅行を最速、最安値で行うために知っておきたいことについて

2016-03-09

はっきり言って旅慣れていない方の海外旅行に格安航空会社(Low-Cost Carrier:LCC)はお勧めできません。しかし、国内旅行であえて利用しない理由は見当たりません。是非一度試してみて、従来の大手航空会社とコストパフォーマンスを比較してみてください。

■海外旅行でLCCをお勧めしない理由
単純明快な理由として「搭乗時間が長い」ということがあります。格安航空券を提供するにはそれなりのしかけがあります。一度にたくさんの人を乗せて一人当たりのコストを低減するため、座席は通常より狭くなっています。また機内設備の簡素化により、クッションも固めです。長時間座っていると疲れます。

そして、全てのサービスは基本的に有料だということです。機内食やブランケットを頼むと有料になります。機内持ち込み以外の受託手荷物、映画などの娯楽もそうです。おそらく追加料金が発生するようなサービスを一切購入しないということは不可能でしょう。

最後に、これが最大の理由なのですが、フライトの遅延やキャンセルの可能性が国内便よりも高く、しかも自分で対処しなければならないということです。旅慣れていて語学も堪能な方はそういったトラブルも旅の醍醐味として楽しめるかもしれませんが、なるべく移動時にはストレスを感じたくない方はLCCを使わない方が無難です。

■国内旅行なら現地まで最速、最安値で着けるメリット大!
やはり最速、最安値で目的地に着けるということは魅力です。陸路だと何回も乗り換えが必要な場所でも飛行機なら直通で行けることも多く、またLCCでは従来の大手航空会社よりはるかに運賃を低く抑えることができます。国内であればせいぜい2、3時間程度の搭乗ですみますし、なんらかのトラブルがあっても、自分の国で日本語もぺらぺらなのですからどうとでもなります。

治安のいい日本の国内旅行では、格安航空券を利用しない手はありません。

坂本竜馬の里として有名な高知へは格安航空券で、よさこい!

2016-03-03

幕末人気もありますが、坂本龍馬の里と言えば高知です。行きたいけど中々行けないのが高知でもあります。暖かそうなイメージがあります。実際に人も温かいですよ。今年こそは高知へ、それも格安航空券を使って訪れてみませんか。

■よさこいは高知が発祥です
昨今は日本中でよさこい祭りがありますね。ただしよさこいは高知が発祥です。よさこいの魅力を知りたければ高知へ行きましょう。本場の祭りは8月上旬です。計画を企てておきましょう。もちろん高知には多数の名所があります。坂本龍馬が好きならば、桂浜ですね。銅像があります。

近くには土佐闘犬センターもあります。また高知城も名城です。木造の天守閣は、建築当時を偲ばせます。なお地味ではありますが、はりまや橋です。シンガポールのマーライオンにがっかりした人なら、ショックかもしれませんが。でも実物を見ると見ないとでは違いますよ。一見の価値はありです。

一方グルメにとってはカツオのたたきがあります。とはいえイセエビやクエなども中々の逸品です。

■飛行機が重宝します
高知を含めた四国も、JRではちょっと行き辛いですね。これが高知を遠ざけてしまう理由かもしれません。だからこそ飛行機が重宝します。羽田から高知龍馬空港!までのフライトは、正味1時間20分です。意外と近いですね。普通料金は37890円ですが、格安航空券なら春休み期間でも15000円を切るチケットがあります。

探してみましょう。なお空港から市街までのアクセスはバスで35分720円です。もちろんレンタカーもあります。広い高知を巡るなら、お奨めかもしれません。

■お得な戦略は
電車でのんびりした旅が好きな人を除けば、高知の旅行は、格安航空券とレンタカーを組み合わせたプランでしょう。そういっても過言ではありません。逆にそうすべきでしょうね。高知を身近に感じることができます。また行きたくなりますよ。

旅行が好きな方の誰もが気になっている格安航空券の基本と特性を紹介します

2016-02-29

格安航空券と一口にいっても種類やタイプは様々です。旅行する人にとって強い味方になる格安航空券の基本を押さえておきましょう。

■普通航空券との違い
格安航空券と普通の航空券の大きな違いは料金と日程の融通にあります。一般的な航空券は料金が高いですが、日程の融通が利くポイントを持っています。格安航空券を利用するとなると、日程などの面で不便さを感じることがあるかもしれません。

■そもそも格安航空券とは?
そもそも格安航空券とは何なのでしょうか?格安航空券とは、ツアー用に航空会社が用意した特別なチケットです。料金を安く抑えた特別な航空券で、格安航空券は通称『ITチケット』と言われています。格安航空券で旅行をする場合、一人で旅行したとしてもツアーに参加し、ほかのツアー客と一緒に旅行することを意味しています。

会社が用意したツアー用の航空券をバラ売りし、多くの人が一緒に利用してるイメージになります。

■日程の面で融通が利かない
格安航空券は、1つの決まったツアーに申しこむようなものなので、日程や時間の融通がなかなかできません。すでに決まったツアーがあるようなものなので、利用者が格安航空券の日程や時間を変更しようとしても性質上、難しいのがデメリットになるでしょう。

チケットをインターネットで予約した段階で、1つのツアーに参加しているようなものです。

■料金の面で高いメリットがある
格安航空券は、日程や時間の融通が利かず、航空会社が設定した日程や時間の中でしか予約ができません。しかし、一度に多くの人の利用を企画している航空会社は普通の航空券に比べ、リーズナブルな料金で旅行を楽しむことができます。格安航空券の持っているメリットとデメリットを上手に活用したいですね。