今となっては格安航空券無しで国内旅行をするというのは少し違ってきているようなので、まだ格安航空券のことをよく知らないという人はこのサイトで是非勉強をしてみてください。

旅行が好きな方の誰もが気になっている格安航空券の基本と特性を紹介します

2016-02-29

格安航空券と一口にいっても種類やタイプは様々です。旅行する人にとって強い味方になる格安航空券の基本を押さえておきましょう。

■普通航空券との違い
格安航空券と普通の航空券の大きな違いは料金と日程の融通にあります。一般的な航空券は料金が高いですが、日程の融通が利くポイントを持っています。格安航空券を利用するとなると、日程などの面で不便さを感じることがあるかもしれません。

■そもそも格安航空券とは?
そもそも格安航空券とは何なのでしょうか?格安航空券とは、ツアー用に航空会社が用意した特別なチケットです。料金を安く抑えた特別な航空券で、格安航空券は通称『ITチケット』と言われています。格安航空券で旅行をする場合、一人で旅行したとしてもツアーに参加し、ほかのツアー客と一緒に旅行することを意味しています。

会社が用意したツアー用の航空券をバラ売りし、多くの人が一緒に利用してるイメージになります。

■日程の面で融通が利かない
格安航空券は、1つの決まったツアーに申しこむようなものなので、日程や時間の融通がなかなかできません。すでに決まったツアーがあるようなものなので、利用者が格安航空券の日程や時間を変更しようとしても性質上、難しいのがデメリットになるでしょう。

チケットをインターネットで予約した段階で、1つのツアーに参加しているようなものです。

■料金の面で高いメリットがある
格安航空券は、日程や時間の融通が利かず、航空会社が設定した日程や時間の中でしか予約ができません。しかし、一度に多くの人の利用を企画している航空会社は普通の航空券に比べ、リーズナブルな料金で旅行を楽しむことができます。格安航空券の持っているメリットとデメリットを上手に活用したいですね。

コメント

Sorry, comments are closed.

トラックバック用のアドレスはコチラです。